一日中忙しい、保育士の仕事

開業に賭ける若者たち > 保育士 > 一日中忙しい、保育士の仕事

一日中忙しい、保育士の仕事

保育士さんの仕事は、本当に大変な仕事だと思います。

例えば、普通の会社員なら、お昼休みが1時間あります。

また、仕事中でも自分のペースでトイレに立ったり、お茶を飲んだりすることも可能でしょう。

しかし、子供相手の保育士の仕事は違います。

朝、子供が登園したら、子供たちが帰るまで、まったくと言ってよいほど、自分の時間はないのです。

 

トイレに行こうとしても「先生~」と呼び止められると行けません。

昼食も、基本子供と食べるため、ゆっくり、同僚とお話ししながらなどないのです。

そして、子供が帰ってからの掃除や職員会議、保護者への対応など、一日中、本当に忙しい仕事だと思います。

また、行事の準備や部屋の飾りつけなどで、夜遅くまで仕事をすることも多いようです。

そんな職場は、基本女性の方が多かったですが、最近では、男性の保育士さんも増えてきています。

これは、園児にとっても女性の保育士さんにとっても、とても良いことだと私は思います。

もっと男性保育士さんが増えることを私は願っています

保育士求人正社員コム